【IPO】株式公開のメリット・デメリット

【IPO】株式公開のメリット・デメリット

IPOとは証券取引所に自社の株式を公開することを言います。IPOを行うことによって、多くのメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。今回はIPOにおけるメリットとデメリットについて解説していきます。

 

〇IPOのメリット

IPOのメリットには次のようなものがあります。
・知名度や信頼度の向上
・資金調達が容易になる、巨額な資金調達も可能となる
・経営体質、ガバナンスの強化
・従業員のモチベーションアップ
・株主への利益還元の拡大 など

 

〇IPOのデメリット

・事務作業、会計業務等の複雑化
・株価の急激な変動による時価総額の損失
・株主に対する責任やインサイダー取引の懸念
・IPOにかかる費用や時間

 

IPOを行うことで社会的な信用を得られる一方で、費用や時間がかかります。このメリットやデメリットを把握したうえでIPOを行うか行わないかを検討していきましょう。

 

共同会計事務所CPA-Consultingでは、東京23区や横浜市、川崎市を中心に上場企業やIPO準備企業に、決算・連結決算・Ⅰの部・Ⅱの部や有価証券報告書作成、決算短信作成支援、国際的な会計基準であるIFRS決算支援を提供しております。


管理会計に特化した知見を有しており、事業計画と平仄をとった管理会計体制を構築できますので、お困りの際はお気軽にご連絡ください。