【決算短信とは】概要や読み方のポイントなど

【決算短信とは】概要や読み方のポイントなど

決算短信とは上場企業が事業年度での決算、そして四半期決算の発表を行う際に、決算内容の要点だけをまとめた書類になります。決算短信で書かれていることや読み方のポイントなどをまとめていきます。

 

〇決算短信の概要

決算短信は上場企業が作成を義務付けられている書類であり、投資家に向けて決算短信を用いることで、正式な決算結果が出る前に速やかに決算結果を投資家に伝えるということがポイントになってきます。

決算短信では記載内容は確定されたものではなく、推測の部分も含まれており情報の網羅性や正確性は正式な決算報告書である有価証券報告書の方が勝ります。

 

〇決算短信の内容

決算短信では主に次のような事項が記載されています。
・期間中の経営成績や財政状況やキャッシュフロー
・株式の配当状況や配当予想など
・今後の業績の展開予想

 

決算短信を読む際には、企業の営業利益などを見ることが出来る「経営成績」、総資産や負債などを見ることが出来る「財政状態」、そして「キャッシュフロー」や「業績予想」を見ることによって、企業の概要を見ることが可能になります。

 

共同会計事務所CPA-Consultingでは、東京23区や横浜市、川崎市を中心に上場企業やIPO準備企業に、決算・連結決算・Ⅰの部・Ⅱの部や有価証券報告書作成、決算短信作成支援、国際的な会計基準であるIFRS決算支援を提供しております。


管理会計に特化した知見を有しており、事業計画と平仄をとった管理会計体制を構築できますので、お困りの際はお気軽にご連絡ください。